バイアグラ(ばいあぐら)を購入するには、医療機関で処方してもらう他、インターネットで海外から個人輸入するという方法もあります。

バイアグラの通販

ED治療薬としての知名度を確立したバイアグラ。
しかし、入手方法は限られているため、なかなか手に入りません
現在、日本では2つの方法で入手することが可能です。

病院 一つ目は病院で診断を受けて処方してもらうことです。
現在では多くの病院や医療機関、また一部では心療内科などで処方を受けることが可能です。
バイアグラだけでなくシアリスやレビトラといった種類のED治療薬も処方してもらうことができます
ですが、基本的にED治療薬は薬価基準未収載なので保険適用外で自費診療になりますので注意しないといけません。
バイアグラの大体の価格は1錠で1,500円~3,000円ほど。
5回分を処方してもらうだけで少なくとも7,500円は費用がかかることになります。
そして、診断を受けなければならないので、これに診察料と初診の場合は初診料がかかります
そうすると、すべて合わせて1万円は軽く超える計算になります
薬だけを病院から送ってもらうことは薬事法で禁止されていますので、必ず医師の診断が必要になってきます
なので、この場合は必ず医師の診断を受けて処方してもらいましょう。

パソコンとスマートフォン そして2つ目の方法はインターネットで購入する方法です。
国内での郵送は薬事法で禁止されていますが、海外から個人的に輸入することは法律に違反しません
さすがに海外から個人的に買い付けるのは難しいかとは思いますが、輸入代行サービスを行っているサイトを利用することで簡単に個人輸入をすることが可能です。
大体が日本語対応してくれるので、英語ができなくても気軽に利用することができます。
スマートフォンやパソコンから注文して、家まで配達してくれますし、郵便局の私書箱で利用することもできますので、バイアグラを購入しているということを他人に知られることはありません
さらに海外から個人的にインターネットから購入するわけですから、診察料や初診料などの費用が発生しないので比較的に安価にバイアグラを購入することができます。

一見、インターネットで購入するとメリットが大きいような気がしますが、デメリットも少なからず存在します
海外から輸入するので注文してから手元に届くまで時間がかかります
発送する地域にもよりますが、大体1週間から2週間はみておいたほうがいいでしょう
また、個人輸入代行サービスを行っているサイトの中には偽物を販売する悪質な会社もあります。
なので、正規品保証をしているサイトで購入することはもちろんのこと、信用のできるサイトで購入することが大事です。
安く、安心して購入したい人にとって、個人輸入代行を利用するのは一番ベストな購入方法であるといえるでしょう。