バイアグラは体内に入れるものなので偽物を服用しないよう注意が必要です。通販で購入する場合は正規品100%のサイトで買えば安心です。

バイアグラの偽物に注意

バイアグラ ED治療薬として不動の人気を誇るバイアグラ。
1998年にアメリカで販売が開始されてから、その効果の高さは瞬く間に評判になり、入手困難になった時期もありました。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルで、服用してから4時間~5時間程の持続時間があるといわれています。

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用するようにしましょう。
大体、30分~1時間くらいで効果が出てくるかと思います。

服用する目安は1日1回で、服用後は24時間バイアグラを摂取してはいけません
また、服用してすぐに勃起するわけではありません。
性的な刺激、もしくは性的な興奮がなければ勃起することはありません。
飲んでからずっと勃起しっぱなしではないので、外に出たりしても困ることはありません。

日本ではバイアグラは自費診療で、医師の診断後に処方してもらわないと購入することはできません
しかし、病院であったとしてもEDであることを知られたくない、もっと安く購入したいといった理由から個人輸入代行を行ってるサイトで購入する方も多いようです。

しかし、代行サイトの中には悪質なサイトがあります。
悪質なサイトとは、粗悪品や偽物、いわゆるコピー品を本物だと言って販売しているサイトのことです。
ブランドのバックのコピー品などはテレビのニュースなどでも取り上げられているので有名ですが、医薬品にもコピー品は存在します。

バイアグラは当然、口から体内に入れるものです
それがもし偽物だったら・・・。 恐ろしいことになるのは容易に想像ができるかと思います。
大丈夫だろうと思っていても現に存在していますから、注意しなければなりません。

一番簡単な方法としては正規品保証という記載があるか確認することです
実際問題、本物と偽物を並べてみても素人目にはわからないことが多いです。
中にはだれが見てもわかるようなものもありますが、一見しただけではわからないものが多いです。
バイアグラには『Pfizer』とロゴが入ってますが、このロゴがおかしかったり、なかったりする場合があります。
そういうのを見つけた場合には明らかな偽物ですので、絶対に服用しないで下さい。

一番安全なのは病院で診断してもらって処方してもらうことです。
もちろん正規品を販売しているサイトもあります。
正規品保証をしているサイトは安心して購入できると考えていいでしょう。
しかし、調査ではインターネットで販売しているバイアグラの50%は偽物だったという結果も出ているのが事実です。
個人輸入代行を利用する際は自分で信頼できるサイトを見つけることが重要になってきます。
そして、服用後におかしいと感じたときは必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。