ジェネリック医薬品とは、特許が切れた新薬と同じ有効成分で開発されたものです。開発費用が抑えられるため、薬価が安くなります。

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品って知っていますか?
安い医薬品というイメージが先行している方が多いのではないかと思いますが、概ね間違いではありません。
しかし、ジェネリック医薬品がなぜ安いのかまで知っている方はなかなかいないんじゃないでしょうか。
ここでは、ジェネリック医薬品がなぜ安いのか解説したいと思います。

そもそもジェネリック医薬品とは『後発薬』という意味になります。
後発薬ということは先に出た『先発薬』もきちんとあるけですが、医薬品は必ずこの2つに分類されます。
バイアグラの場合ですと、バイアグラが先発薬、後ほど紹介しますがカマグラゴールドやパラディグラが後発薬となります。

先発薬は全く新しい薬のことをいいます。 対して後発薬は、先発薬と同じ有効成分を利用して、同等の効果を持つ薬のことをいいます。
なので、先発品をマネた薬といっても過言ではないのは後発薬、ジェネリック医薬品ということになります。

では、なぜジェネリック医薬品が安いのかといいますと、医薬品の開発にかかる費用が抑えることができるからです。
新薬の開発には年月と費用が膨大にかかっています。
なので、他の会社にマネされないように特許を取得します。
そして、この特許が20年で切れます。
この特許の切れた薬と同じ成分で作られた薬がジェネリック医薬品です。
もうすでに出来上がった薬なので、開発費用が抑えられるというわけです。
そして、抑えられた分だけ価格が下がるんので安くなるのです。

しかし、ジェネリック医薬品は国が定める試験において、同等の効果があると証明されないと薬として承認はされません
成分は一緒でも効果が違えば承認はされませんので、品質においても国のお墨付きであると言ってもいいかもしれません。

このことから、先発品と同じ成分で、同じ効果で、安い薬。それがジェネリック医薬品であるといえるでしょう。

しかし、高価なものが良いものであるとか考えるのが日本人です。
そのため、ジェネリック医薬品の普及率は40%ほどと他の国と比べても低いです
アメリカでは合理的に物事を捉える傾向にあるので、ジェネリック医薬品の普及率も90%と非常に高い数字になっています。

ジェネリック医薬品のメリットはなんと言っても安いということです。
高額な医療費を安くするためにジェネリック医薬品を普及させようと日本の政府も様々な政策を押し出しています。

もし、バイアグラに限らず、ジェネリック医薬品を薬局で進められた場合は一度試してみてもいいかもしれませんね。