バイアグラは世界中で愛用されているED治療薬ですので、ジェネリック医薬品も種類が豊富です。特にカマグラゴールドが人気です。

バイアグラ・ジェネリックは種類が豊富

バイアグラは発売されてから現在でも一番人気のED治療薬です。
元々、有効成分のシルデナフィルは狭心症の薬として開発されていました
しかし、臨床試験を行ったときに良い結果が得られなかったため、試験は中止。
試験薬を回収しようとしたところ、臨床者が試験薬を返そうとしなかったため、何故か調査すると勃起しやすくなったということが判明したため、ED治療薬として開発されることになったのです。
発売当初は男性の夢が叶う薬として、社会現象になるくらいでした。
現在でも病院でED治療として役立っており、人気は言うまでもありません。

そんなバイアグラですが、ジェネリック医薬品があります。

薬には特許があり、その特許が切れると他の製薬会社も同じ成分の治療薬を開発することができます。
既に先発薬で安全性や効果が認められてる成分を使用するので、開発費用がかなり抑えられます
そのため、先発薬よりも安く販売することができるのです。

現在、バイアグラを日本で入手するには病院で処方してもらうしかありません。
シアリスやレビトラといった他のED治療薬も病院での処方が必要になります。
しかし、ED治療の治療は保険適用外なので、自費診療となります
バイアグラの場合1,500円~3,000円くらいが相場なので、これに診察料や初診料がプラスされるとなるとそう簡単に購入できる薬ではありません。
その分、ジェネリック医薬品の場合は同じ効果であるにも関わらず安く購入できるので非常に入手しやくすくなります。
特にバイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラの人気がありますのでかなりの種類があります。

日本国内でも数種類のバイアグラのジェネリック医薬品があります。
しかし、海外も含めると一番の人気はカマグラゴールドかと思います。
インドの製薬会社が販売しているのですが、同じ有効成分なのにも関わらず、非常に安い価格で販売されています。

また、最近ではパラディグラという新しいバイアグラのジェネリック医薬品が登場し、注目を集めています。
バイアグラは長い間、注目され世界中で愛用されているED治療薬です。
その分、バイアグラのジェネリック医薬品も多く存在するというわけです