バイアグラを病院で処方してもらう人は少数派です。多くの方はプライバシーも守られる、海外からの個人輸入で手に入れています。

バイアグラを処方して貰う人は少数派

世界初のED治療薬としてバイアグラは発売されました。
今でもその地位は絶対的なものとして確立されています。

EDは男性特有の悩みですが、同じ悩みを持つ人が年々増加しています。

しかし、バイアグラは保険適用外なので病院で処方してもらうためには自費診療で病院に行くことになります
診察料などもかかりますし、バイアグラ自体の値段が1,500円~3,000円なので、決して安くはありません。

そのため、実際は医療機関で処方してもらってバイアグラを購入している人は少ないのが現実です。

バイアグラを取り扱っている病院は増えています。
しかし、病院で処方してもらうためにはEDであることを言わないといけません。
いくら病院だからといってもEDであることを打ち明けることは難しいと思います。
おまけに診察に関わっていなかったとしても、女性がいる可能性が非常に高いです
女性のいない病院のほうが珍しいと思いますが、女性がいるところは避けたいところです。
しかも、薬事法の関係で処方箋薬は郵送してもらうことができませんので、診察が必須となりますので、病院に行くことは避けて通れないのです。

そこで、多くの人がバイアグラを購入するのに個人輸入をします。
日本国内での郵送は認められていませんが、海外からの輸入は禁止されていないためです
しかも、海外から輸入というと難しそうに思うかもしれませんが、個人輸入を代行してくるサービスがあり、実際はYahooやAmazonのような通販サイトで申し込みをするだけです。
海外とのやり取りも代行してくれますので、英語などができなくても個人輸入することができます。

デメリットとしては手元に届くまで時間がかかるということでしょうか。
国際郵便なので1週間~2週間くらいかかります。
なので、追加注文する際は注意が必要です。

最近ではパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末を利用してインターネットを使うことができます
なので、他の誰にも知られることなくバイアグラが購入できます。
しかも、送料などを合わせても日本国内で購入するよりも安価な場合がほとんどです。
薬自体が安いこともありますが、診察料や初診料もかからないので、バイアグラを購入している人の多くが個人輸入代行を利用しています。