女性用バイアグラ「ラブグラ」は、バイアグラと同じ有効成分シルデナフィルにより血行の流れが促進され、不感症を改善させてくれます。

女性用バイアグラについて

男性にとって、バイアグラは夢のような薬であり、その効果は世界中で認められています。
ですが、最近は女性用のバイアグラも実は存在しています。
ラブグラという医薬品なのですが、アジャンタファーマ社というインドの製薬会社が販売しています
アジャンタファーマ社はバイアグラのジェネリック医薬品のカマグラを販売している会社でもあり、有名な製薬会社です。
カマグラは日本でも非常に人気のEDジェネリック医薬品であり、信頼できる製薬会社といえるでしょう

さて、女性用バイアグラのラブグラなのですが、実は有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルです
服用方法も性行為を行う1時間前に水かぬるま湯で飲むとバイアグラと同じです。
100㎎ですので、初めての場合はピルカッターなどで半分か4分の1くらいに切って使用するようにしましょう。
ラブグラは服用することで、血行の流れを促進し、クリトリスや女性器の血行の流れをよくすることで不感症を改善するための薬とされています。
バイアグラと同様に5型ホスホジエステラーゼを阻害し、膣内やクリトリスに潤いを与え、性的に感じる量を増加させるといわれています。
男性としても女性器が濡れていると興奮材料になり、挿入もスムーズです。
また、女性器が濡れていることで男性側も自信につながるので、パートナーにもメリットがあるといえます。
効果時間は6~8時間といわれています
バイアグラと同様に食事の影響を受けやすいですので、空腹時に服用することが望ましいです

最近では、男性も女性も性的なことに興味が薄くなり、少子化につながっています。
特に女性側はED治療のような治療が少ないので、不感症で悩む方は非常多いですが、病院に通えないという方が多いようです。
男性だけが性行為を楽しむだけだと、女性は性行為に意欲的になれませんよね。
不感症の場合だと、性行為自体に嫌悪感を抱くことも少なくはありません。
ラブグラを使用することでいままでとは違った性行為に期待が持てるかと思います

現在、ラブグラは日本では未承認薬品です。
しかし、海外から個人輸入することは可能です。
バイアグラと同様に薬事法などの規定がありますので、1か月分までなら輸入が可能ですので一度試してみてはいかがでしょうか。