ED(勃起不全)とは、男性器自体には問題がないのに十分な勃起ができず満足な性行為が行えない状態をいいます。

EDとは

落ち込む男性 陰茎部に問題がないにも関わらず、十分に勃起ができずに満足な性行為ができない症状のことをEDといいます。
この症状はインポテンツと呼ばれていたこともあったんのですが、男性に対する差別的な意味合いが強くなってきたので現在ではあまり使われなくなりました。
医学的にはEDや勃起不全と呼ばれ、CMやインタ-ネット広告で知られることが多くなり、認知度もそれに伴って高くなってきています。

EDで悩んでる人は年々増加している傾向にあります
少し前のデータでは4人に1人がEDで悩んでいるというデータがありますが、現在はそれを上回る割合で悩んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか
また、EDは高齢者だけではなく、若い世代でも悩んでいる方が多いといわれています。

EDは一般的には完全に勃起しない症状だと思われていることが多いですが、実は勃起していても途中で萎えてしまったり、勃起に時間がかかってしまうなどの症状もEDとされています
さらには性行為時に限定した症状ですので、マスターベーション(自慰行為)の際に問題がない場合でも、女性と性行為に及ぶ際に勃起しない場合もEDになります

男性が勃起するのは、脳で性的な刺激や興奮を感じ、それが男性性器に伝達されることで陰茎の海綿体に血液が大量に流れこむことで起こります
その伝達がうまくいかないと、勃起が十分でなかったり、全く勃起しなくなったりするのです。

年齢が原因の場合は血行の流れが悪くなったり、神経伝達になんらか障害が出ていることが考えられます
生活習慣病である糖尿病や高血圧などの血管に異常が見らる症状をお持ちの場合はEDになりやすいです。

そして、若い世代の方に多いのは精神的要因によるEDです
人間関係や仕事、金銭問題などがストレスとなりEDの原因となります。
また、パートナーとの何気ない一言やプレッシャーが原因でEDになる場合もあります。
子供が欲しいと女性から頻繁に言われるなども、男性にとってはプレッシャーとなり、それがストレスにつながってEDの症状につながります。

少なからず、年齢が問題でEDになることもありますが、精神的な要因が原因の場合も最近では多くなっています。