薬の海外通販は個人輸入代行サイトを通してインターネットで手軽にできます。病院に行くのに抵抗があるED治療薬も簡単に購入できます。

海外通販の流通について

基本的に日本国内から処方薬を医師の診断無しで送ることはできません。
しかし、海外から個人で輸入することは法律で認められています。

輸入 病院に行かない理由は様々ですが、病院に行くことに抵抗がある、EDであることを誰にも知られたくない、診察代が高い、時間がもったいないなどの理由で病院に行かずに薬だけ欲しいという方は多いのではないでしょうか。
しかも、ED治療薬は保険適用外ですので、診察を受けても保険は使えません
確かに病院で処方してもらうのが一番確実で安心な方法だとは思うのですが、保険が使えないとなると病院で処方してもらうことにあまり意味がなくなってしまいます

海外から個人輸入をする場合なのですが、自分が使う分しか輸入することはできません
そのため、大量に在庫を抱えて販売する事はできません。
医薬品の場合、1か月分以内であれば個人輸入することができます
バイアグラの場合、1日1回が原則ですので、最高で30錠が1か月分となります

なので、ED治療薬がなくなる前に事前に購入することが必要になってきます。
個人輸入サイトを使用するとスマホやパソコンからインターネットを使用して商品を購入することができます
サイトにより支払方法は違いますが、カード払いや銀行振込が一般的です。

海外通販 海外から送られてきた商品は必ず税関を通ります。
ここで、薬などの場合は定められた量よりも多い場合、止められてしまいます
異常がなけれそのまま郵送され、購入者の手元に届きます。
送られてくる地域にもよりますが、大体1週間~2週間ほど時間がかかってしまうのはこの流れがあるからです。

そして、海外から個人輸入した薬の使用は自己責任になるので、容量や服用方法などはインターネットで必ず確認してから服用するようにしましょう。