海外通販の梱包は中身がわからないようプライバシーに配慮されており、郵便局留めなどもできるので家族に知られたくない方でも安心です。

海外通販の梱包や配送、プライバシーについて

郵便局 日本国内でも気になるとは思いますが、購入者が気にするのはやはりプライバシーの問題ではないでしょうか。
特に海外から輸入するわけですから、その扱いは非常に気になると思います。
一般的に使用されている風邪薬や栄養剤などでしたら気にならないかもしれませんが、バイアグラやシアリスなどの性的な薬、精神安定剤や育毛剤など、家族にも知られたくない薬を購入する場合があると思います。
しかし、インターネットで医薬品を購入する方のほとんどは知られたくないから個人輸入を使用する方がほとんどです

基本的に医薬品は小さい段ボールに入って送られてきます
決して、中身が見えるような箱や封筒で送られてくることはありません。
もちろん、中の商品のパッケージはきちんと商品名が書かれていますので机の上に置きっぱなしにしたりすると一目瞭然ですので注意が必要です。
しかし、外側の梱包には商品名は記載されません。
中身がわからないように具体的な商品名を書かず、サプリメントやドラックと記載されて送られてきます
そのため、外側から見るだけでは何を買ったのかわからないようになってます。

しかし、家に送られるのも困る方もいらっしゃると思います。
その場合は近くの郵便局で郵便局留めという方法があります
近くの郵便局まで送ってもらって、自分でその郵便局まで取りに行く方法です。
この方法ならば、家族が受け取って誤って開けてしまうなんてトラブルも防ぐことができます。

ダンボール 基本的に海外から送られてくる商品ですので、飛行機などで破損する心配もあると思います。
しかし、エアークッションなどで中身は梱包されてるので基本的には大丈夫かと思います
個人輸入代行サイトを利用した場合、プライバシーの問題もきちんと解決してくれるので安心して個人輸入を利用することができます。